友人と上手く付き合うには。

友人と上手く付き合うにはという題名で話をします。
まず、友人は100人いたら100通りの付き合い方をする必要があります。
友人によっては、何に腹を立てるのかわかっていることもあるでしょう。
そんな時に、友人が嫌がることを避ける必要があるのです。
嫌がることは、友人によって違いますから、その友人に合わせるのが重要なのです。
しかし、難しいのが友人が4人くらいで集まっている時です。
そういう時は、「キープレイヤー」のやり方を見ながら発言する必要があります。
キープレイヤーとは、その集まりの中で重要な役割を担っている、又は、「ボス」的な人のことです。
自分がキープレイヤーなら、なるべく悪口などは言わない方が良いでしょう。
別の人がキープレイヤーで悪口を言っている場面もあると思いますが、そういう時は、スルーして構いません。
人の悪口は、最終的に自分に返ってくるので、なるべく言わないのが鉄則です。
あとで、言った言わないという風になるので、無難に行った方が良いです。
でも、それだと「面白くない人」という風に見られてしまいます。
そこで、普段からインターネットで記事を読むようにして、雑学を知っておくことが大事なのです。
みんなの知らない情報というのは、非常に価値のあるものです。
そういう情報を提供できれば、たとえつまらない人間だったとしても、価値のある人になります。
SNSも社会の情報を知るのに役立ちます。
自分で情報を発信できますから、リプライの反応で社会がどういう風に動いているか予想できます。
あとは、友人をあまり固定にしない方が良いと思います。
友人を固定にしてしまうと、その中の情報しか伝わらないからです。
友人は浅く広くが一番良いです。
友人の中には頭の切れる人(頭の良い人)がいることもあります。
そういう人とは積極的に親交を深めていって欲しいです。
頭の良い人は、大抵の場合「良い人」のことが多いからです。
最後にまとめます、友人と上手く付き合うためにぜひ、自分も楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました